【目指せ年収400万円!】理想の職場で働くための転職完全ロードマップ

手順1 転職サービスを利用する

まずはこのリンクから自分に合ったエージェントサービスに登録しましょう。

 

このサービスを使う最大の目的は一般には出てない「非公開求人」で就職をすること。なので、サービスは必ず2ヶ所以上使いましょう。詳細については以下を参考にして下さい。

 

完全無料で理想の仕事を見つける

 

ここで注意したいのが、今の現状に関わらず「条件が合えばいつでも転職したい」と伝えること。

そうしないとこの人に案件を流しても無駄かな?」と担当に判断されるので、必ず宣言して下さい。

 

案件を流してくれるのも人。きちんと向き合うことが大切です。

 

手順2 最低限の条件で絞り込みをする

自分が「これなら働けるかな?」と決めるのも良いのですが、施設の情報から考えるあらかじめブラックを避ける方法を紹介したいと思います。

年収

経験・資格なし 250万円以上
初任者研修取得 270〜300万円
介護福祉士実務者研修 300〜350万円
介護福祉士 350〜400万円

 

地域によって格差はあると思いますが、収入はこれくらいを目安にしておきましょう。あえて年収にしているのは、ボーナスによって大きく影響があるからです。

施設によっては月々が少ない代わりにボーナスが多い。またはその反対。という事も多々ありますので「年収ベース」で考えたほうが無難です。

 

あと、ボーナスは年間4ヶ月と言いながら手当で膨らませて基本給が極端に低い。というやり方の施設も多いので表面上の数字には惑わされないようにしましょう。

 

働く形態

これについては常勤・非常勤にこだわる必要は無いと思います。

1つの所で働くより夜勤なども交えながら、複数を掛け持ちした方が間違いなく収入は高いです。30万円くらいなら余裕ですね。

 

欠点はボーナスが無いのと、確定申告などの手間が増えること。この辺りを考慮した上なら派遣などの働き方でガンガン稼いでいくのも良いと思います。

 

年間休日

現在は法律で年間5日の有給消化が義務付けられているので、求人に出ている日数に5日を足したものになるのですが

 

1ヶ月あたり9日 × 12ヶ月 = 108日 

 

ちなみに、労働基準上では週に1日以上の休日があれば問題ありませんが、正直これが最低のラインです。

これ以下の施設は収益を上げるために人件費削減に励んでいる可能性が高いので絶対に選ばないようにしましょう。

 

今では120日以上なんて所もザラにありますので、休日の多さは職員へ還元する意欲を見る上では大切な基準になります。

 

算定している加算

これはどの法人でも必ず厚生労働省に登録されているので、誰でも見ることができます。

 

で、どこを見ればいいのかというと「処遇改善加算」です。これのうち”Ⅰ”もしくは”Ⅱ”を算定しているところを選びましょう。具体的な理由としては

 

国が介護職員の給料を上げるために出しており、会社側が努力をすれば算定できる加算である

給料に数万円単位で反映される

職員には書類などの負担が一切無い

 

このような理由です。逆にこれを算定していないということは、働く側の雇用について努力をする意識が低いというように見ても良いかもしれません。
(小規模の事業所は少し事情が違いますが次で説明します)

医療法人など主体が大きいところを選ぶ

就職する時はできるだけ経営している法人が大きなところを選びましょう。

さきほどの処遇改善加算も本来の収益に上乗せされるものなので、恩恵が極端に低く、あっても数千円程度が限界です。

 

基本的に求人登録しておけば多数の案件が送られて来ますので、焦らずじっくり職場を選びましょう。

 

手順3 施設見学に行く

今までの内容を見ながら自分に合った案件を見つけたら、担当者に相談して施設の見学に行きましょう。

どれだけ情報を集めても、実際の雰囲気は行ってみないと分かりません。

 

そして、必ずするべきことは”現場の人に話を聞く事”

まあ、良いことを言う人も多いかもしれませんが、「調べたんですがこれって本当ですか?」と気になったことはドンドン聞きましょう。

 

こうして自分の不安がほとんど無くなれば、その施設で働くことをオススメします。

不安は絶対に0になることはありません。最後まで実際に働いてみないと分からない事も当然あると思います。

 

しかし、ココまでの手順を実践していけば、まず職場選びに関しては失敗しないはず。

 

次からは実際に就職した後に給料を増やす具体的な手順を紹介していきます。

 

給料を上げるための裏技について

 

さて、ここからは実際に就職してからのテクニックを紹介していきます。

ちなみに介護職の給料は今後、間違いなく上がります。詳細が気になる方は以下の記事からどうぞ。

 

今後の収入と給料の上げ方

介護職の給料は上がる!?【2020年最新!!今後の給料推移】 家庭ができた介護士 介護の仕事って 給料が上がりにくいな家族もできたのにこれからどうしよう。でも...なんか色んな手当とかあるしこのまま頑[…]

 

今からお話する方法を知っているか知らないかで、いつまでも同じ給料で働き続けるリスクが下がります。ちなみに全て実体験です。

 

残業をつける

キャリアパスを確認する

直談判してみる

資格を取る

副業をする

 

先にコチラを読んでおくと、理解がスムーズだと思います。

 

収入を増やすための基礎理解

介護士の給料を上げろ!と言う前に残業代を回収しよう【方法3選】 給料が低い介護士   今月も給料が低い!! なんとか給料上がらないかな... サービス残業とかふざけるな! なんとか給料を増やしたい[…]

 

オススメレベル★ 残業をつける

労働とは自分の時間を売って収益を得る事。上の記事で詳しく紹介していますが、きちんと働いた分はしっかり回収すべきです。

基本的には30分単位で請求できますので、最初は抵抗があると思いますが積極的に届け出ていきましょう。会社に自己投資しても何もメリットはありません。

 

なので、残業が常識みたいなブラック丸出しの施設は避けて下さい。

 

基本給を時給換算した金額 × 1.25倍が

あなたのもらえる時間外手当です。

 

これだけで数千円〜2万円程度は余裕で変わってきます。

 

ちなみに以外と知られていませんが、出席を求められる研修や会議などは全て賃金を支払う義務があります。事前に確認しておいたほうが無難です。

 

オススメレベル★★ キャリアパスを確認する

処遇改善加算を算定している企業は必ずこの「キャリアパス」というものがあります。

簡単に説明すると、「こうすれば給料が上がりますよ!」と職員に向けてわかりやすく明示している物。

 

これがしっかり機能していない所は
ちょっと将来性が怪しいかもです。

 

一般職員ならコレくらい。管理職ならコレくらい。というように自分の立場とスキルに沿って収入が決まっているはず。

なので、それを確認しながら「どうすれば給料が上がるのか?」を確認して行動していきましょう。

 

ぶっちゃけ一番手っ取り早いのは資格と昇進です。

 

ちなみにこれは裏技ですが、企業側は労働者の同意なく一度下がった基本給を下げることはできません。

つまり、一度は責任がある仕事に就いて給料が上がった後、一般に戻っても基本給は同じ。

 

僕はこの方法で責任もなく今の収入を実現しました。

 

毎日がむしゃらに働いても給料は増えません。計画的に昇給を狙いましょう。

 

オススメレベル★★★ 直談判してみる

上の項目でキャリアパスどおりに行動しても、勝手に給料が上がることおそらくありません。相手側は、いかに人件費を増やさず働いてもらうかを狙っています。

なので、しっかりとスキルや行動を主張して上司に直接交渉しましょう。

 

現場でしている行動

職場が求めている働き方

研修などへ参加する自己研鑽

 

必ずこの辺りが給料UPの条件に入っているはず。
これだけで給料が大きく変わって来るので、しっかりと声を上げて行きましょう。ボーナスも入れれば年間10〜20万円は収入が上がります!

 

オススメレベル★★★★ 資格を取る

これが一番手っ取り早くて確実な方法ですね。

 

介護職員初任者研修

介護福祉士実務者研修

介護福祉士

 

まず、この3つは確実に取得するようにしましょう。昇給の金額は場所によりますが資格1つ辺り5,000円〜30,000円です。
但し、問題になるのが「費用」
おそらく全部取ろうとすれば、20万円は必要になると思います。
ですがこの方法を使えば無料です。詳しくはコチラの記事をどうぞ。

 

20万円の費用を0円にする方法

【反則】かいご畑がおすすめな理由!約20万円の費用が無料に!? こんにちわ! 介護の本業と副業の両方から収入を得ている 稼ぐ介護士です。 今回は『特定の方の人生を変える』 反則級のお知らせです。 自分の働けるとき[…]

 

他にもその施設が求めている資格があるはずなので積極的に取るべきです。費用は自己負担が多いでしょうが、キャリアパスにあれば間違いなく給料は上がるので余裕でペイできます。

 

オススメレベル★★★★★ 副業をする

自分の時間を売って収入を得るのが労働だとお伝えしましたが、それでは死ぬまで働き続けるしかありません。

 

しかも、いくら利益が上がってもお金を得るのは法人や施設。あなたの収入をガツンと上げることは難しいでしょう。

 

そこで、収入を増やすためにオススメしたい最強の方法が「副業」です。

 

今までにオススメしてきた内容は1つの所で収入を上げる方法でしたが、資格以外は、ぶっちゃけ月に1万円ぐらい上がれば良い方かな?という感じです。

 

ですが、副業の場合は更に働いた分が上乗せされます。日当は資格によりますが介護現場なら8,000円〜15,000円。
派遣用の求人もあるので、一度検討してはどうでしょう?有給や夜の時間を使えば月に50,000円は楽勝で稼げます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

僕は稼ぐためにこのロードマップの行動をして、本業だけで年収400万円に実現しました。

 

どこでも通用するという訳ではないかもしれませんが、同じ業界であれば使えるテクニックは必ずあります。

給料はもちろんですが、利用者様に対する考え方や価値観。働き方はあなたの行動だけで変えることは不可能に近いです。

 

なんでこんない頑張ってるのに…

もっと利用者さん大切にしようよ…

いつまで働けば給料上がるんだよ…

毎日、毎日悩みながら無駄に1つの所で消耗しなくても、環境を安易に変えることが出来るのがこの業界。

豊かな人生を実現するために、まずは手順通りに行動してみて下さい。

 

何より、新しい可能性を見つける事で心の余裕ができます。

 

そして、あなたが行動をするべきタイミングはいつか?

それはこの記事を読んだ”今”です。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

P.S もっと副業で大きく稼ぎたいなら

ここからは、豊かな本業を手に入れてからのお話。

繰り返しになりますが、結局労働とは自分の時間を売って稼ぐこと。時間はもちろん、体力的にも限界があります。

 

なのでオススメはネットを使って自分の資産を構築することです。

 

「働かなくてOK!」

「スマホ1つで楽ちん♪」

「ネットで稼ぎましょう♪」

 

こういうメッセージを良く見かけるかもですが、断言します。無理です。

 

誰でもカンタンに出来ること = 労働

 

結局は誰かのビジネスの流れに入ることになるので、勤める先が変わるだけの事。自分で稼ぐ力をつけないと、一生雇われて時間をお金に変えていく人生で終わります

 

「マジで嘘っぽい…。」

 

仰る事は分かります。僕も始めはそうでした。

しかし、自分で学び行動してきた結果、本業に近い収入を得ることが出来るようになり、そのスキルを持ってIT業界へ転職することができました。

 

あなたにはあの頃の僕と
同じような失敗をしてもらいたくない!

 

そんな気持ちで丸3日かけてこのロードマップも作りました。

 

「けど、そんなの信じられないよ…。」

 

もちろんこれだけで信用してもらおうなんて無理な話です。

なのでこの転職と同じように「月収50万円になるための副業ロードマップ」作成しました。

 

10年間介護の仕事しかしたことが無い

介護系以外のスキルはほぼ0

副業に使えるお金は0円

PCはボロボロのWindows7

 

こんな状態の僕でも副業でお金を稼ぐことができるようになり、休日はMacをパチパチしながらカフェでお金を稼いでいます。

 

人生を豊かにしたい!家族をもっと幸せにしたい!
このロードマップで転職に成功して自分への時間ができたからこれからはもっともっと稼いでいきたい!
そんな本気のあなたは副業にも挑戦していきましょう!

 

月収50万円を稼ぐ方法

【初期費用0円でOK!】副業完全ロードマップ みなさん、こんにちは。 突然ですが、こんな悩みを抱えていませんか?   毎日必死で働いている... でも、収入が増えない... もっと働かないと..[…]

最新情報をチェックしよう!
>収益に特化したサイト

収益に特化したサイト

このブログでは介護士が稼ぐための情報を掲載しています。

CTR IMG